一般社団法人 日本医療検査科学会

The Japan Association for Clinical Laboratory Science

第80回POCセミナー

開催日:2021-10-08(金曜日) 開催地:パシフィコ横浜

印のある項目は必須項目です。必ずご入力ください。
会員番号
   会員番号:
   会員番号:
参加者氏名 姓  名 
例)山田 太郎
ふりがな せい めい
例)やまだ たろう
生年月日
施設名
部署名
郵便番号 例)111-1234
住所
TEL
内線
FAX
メールアドレス
※携帯メールアドレス以外で登録下さい。
メールアドレス(確認用)
※確認のため、上記と同じメールアドレスを入力してください。
POC セミナー受講回数

【講演】 1.13:45~14:15 講演①(30分)    座長:服部 聡  阪神・淡路大震災と熊本地震 2つの災害を現場で経験して  -振り返りとプロフェッショナルとしての役割- 講師:前原 潤一先生(済生会熊本病院) 2.14:15~14:45 講演②(30分)    座長:福岡 京子  被災支援を行った技師の活動と災害に備える臨床検査と検査室の役割 (仮) 講師:安部 史生先生(神戸赤十字病院) 3.15:00~15:30 講演③(30分)    座長:木下 陽介  J-SPEED 東日本大震災の教訓から災害医療の未来を創る 講師:久保 達彦先生(広島大学) 【実習】 4.15:30~17:00 POCT対応機器・試薬実習(90分 10分×6社)                       司会:木下 陽介  福岡 京子 今回、南海トラフ地震に被災後2週間程度経過した状況を想定し、その際に必要とされる検査機器(多項目ドライケム生化学検査、血液検査、血液ガス検査、凝固検査、感染症イムノクロマト検査、心筋マーカー、糖尿病検査等)のストリーミング形式の実習を検討している。 〇実際の震災でどのように使われたのか、災害時における運用例(ハード、ソフトの両面、検査環境の注意点など) 〇POCT機器・試薬について、震災を通じて改良した点および今後の展望について (6社:各10分の予定)

「入力内容の確認画面」へ」ボタンを押してください。